www.circusfantasticus.com

ミネラル

体にとって必要な栄養素のひとつにミネラルがあります。

ミネラルは、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並んで5大栄養素を
呼ばれています。

体の中は常にいろんな化学反応や分解などが起こっているのですが、
その化学反応や分解に必要なのが酵素です。

ミネラルはその酵素の働きをサポートする役割があるのです。
また困ったことにミネラルは体内で生成することができない栄養素なのです。

つまり食事などで外部から摂取するしか方法がないのです。

ミネラルが不足すると欠乏症になると言われています。

ミネラルのひつとである、カルシウムが不足すると骨祖しょう症などに
なります。年配の方にはとくに起こりやすい症状だといえます。

また鉄が不足すると貧血などの原因になります。
女性は生まれつき鉄分が不足気味な人も少なくありません。

ですが、現代の食事は欧米化が進み、野菜不足が増加しています。
また野菜も以前ほどの栄養素が含まれていないといいます。

その要因は科学的な農法が影響していると言われています。
また栄養素は調理の過程で失われることが多いのも事実です。

つまり現代はミネラルを不足しやすい要素がそろっている状況なのです。

なのでサプリメントなどを活用して、不足しないようにミネラルを
補うことが重要なのです。