www.circusfantasticus.com

ビタミン

人間にとって非常に大事な栄養素のひとつにビタミンがあります。

なぜビタミンは人間に必要な成分なのかというと、それはビタミンは人の体の中では
作りだすことができないからです。

つまり食事などで外部から摂取するしか得る方法がない栄養素にも関わらず
健康維持に非常に重要な栄養素だからです。

体の中で代謝に関わる様々な役割を担っており、エネルギーを生みだしたり
細胞維持に効果を発揮しています。

ビタミンには大きく分けて2種類あります。
ひとつは水溶性といわれるもので、もうひとつは脂溶性のものです。

水溶性のビタミンの特徴としては、血液の流れにのって体をめぐります。
使用されい場合は体外に尿として排出されるので、毎日摂取しても問題がありません。

脂溶性ビタミンはあまり過剰摂取するとよくありません。
過剰摂取すると目まいや吐き気などを起こす場合があると言われています。

またビタミンは抗酸化作用にも優れており、なかでもビタミンEの抗酸化作用を
栄養素の中でもかなり強い抗酸化作用をもっていると言われています。

抗酸化作用とは、酸化を防ぐ力のことです。
酸化とは細胞が錆びることで、細胞が酸化すると老化や病気の原因になると
言われているのです。